病院紹介

沿革

岡崎東病院のこれまでの歩みをご紹介します。

年 月 西 暦 出来事
昭和34年8月 1959 上野産婦人科有床診療所開院(12床)柵木博が院長就任
昭和55年2月 1980 医療法人博報会設立 柵木博が理事長就任
昭和56年11月 1981 岡崎東病院開院(66床) 柵木昌劭が院長就任
昭和57年2月 1982 柵木充明が上野産婦人科病院院長に就任
昭和57年4月 1982 23床増床(89床)
昭和58年6月 1983 49床増床(138床)
昭和60年3月 1985 12床増床(150床)
昭和61年3月 1986 65床増床(215床)
平成3年4月 1991 託児所 エンゼル 開所
平成9年11月 1997 柵木充明が理事長に就任
平成11年4月 1999 岡崎東病院 新築移転
平成11年7月 1999 岡崎東居宅介護支援事業所開所
平成12年1月 2000 ヘルパーステーション虹開所
平成12年2月   介護療養型医療施設(160床) 医療療養病床(55床)に分床
平成12年4月   訪問看護ステーション虹 開所
通所リハビリテーション事業開始(定員 20名)
平成14年7月 2002 通所リハビリテーション 20名定員増員(定員 40名)
平成18年12月 2006 訪問リハビリテーション事業開始
平成19年6月 2007 介護療養型医療施設 160床のうち、53床を回復期リハビリテーション病棟に転換
回復期リハビリテーション病棟 53床
医療療養病棟 55床
介護療養型医療施設 107床
平成23年4月 2006 訪問診療開始
平成25年3月 2013 職員寮 託児所 建て替え
平成25年7月   サービス付き高齢者向け住宅 いなぐまの虹開所(定員40名)
デイサービス虹 開所 通所介護事業開始